レーザー脱毛とは。そのしくみも教えます。

レーザー脱毛とは。そのしくみも教えます。

レーザー脱毛は光脱毛とは異なり、医療行為として免許を持つクリニックが行う脱毛施術のひとつです。
使用される医療レーザーにはアレキサンドライトレーザーやダイオードレーザーなど種類がありますが、根本的な仕組みは同じで、レーザー光線を照射することで毛根にダメージを与えて組織を破壊して脱毛を行うというものです。
より厳密な話をすると、レーザー光線は皮膚を透過しやすく特定の色素に対して熱を加えることが可能となっています。レーザー光線の波長は長さによって反応する色素や物質があることから、その性質を利用してムダ毛の色素である黒色に反応するレーザーを照射します。皮膚を透過したレーザーは選択的に黒色の色素を持つ毛根にまで届き、熱が発生することで周囲にまでダメージを与えます。
この作用によって毛が生えるシステムとなる細胞を破壊し、現在生えているムダ毛を抜き、その後に生えてくる可能性を防ぐことができるのが医療機関が行うレーザー脱毛です。
黒色の色素に反応するという性質のため、日焼けによって肌が黒くなっている人には使用しても効果が薄いか、あるいは肌に強いダメージを与えてしまうことから利用することができません。また、色素が十分についていない産毛にはほとんど効果が見られないため、1度では十分な脱毛ができず、再びムダ毛が生えてきたところを繰り返し施術することが必要になってきます。人間の細胞は自然治癒によって復活することもあるため、100%脱毛ができるとは言えませんが、高い確率でムダ毛の発生を抑えることができるため永久脱毛とも呼ばれています。