ムダ毛の自己処理危険!埋没毛(黒いポツポツ)色素沈着の原因と対処

ムダ毛の自己処理危険!埋没毛(黒いポツポツ)色素沈着の原因と対処

埋没毛(黒いポツポツ)の原因と対処


埋没毛の原因は脱毛の処理方法が誤っているからです。まず、自宅で脱毛する場合、毛抜きを使う人がいます。
剃刀よりも根本から毛が抜けて、パッと見はきれいに脱毛できていると錯覚しますが、これが埋没毛をつくる原因になります。

 

毛根から実はきちんと毛を抜くことはできません。毛抜きでは毛根の細胞を自分でめちゃくちゃにしています。対処法として、脱毛で脱毛をすると解決します。
毛根に直接に照射して、毛根細胞を破壊するので、埋没毛を破壊するので、次からポツポツとした毛が生えることがないのです。
脱毛は部位によって値段も違いますが、脇など剛毛が多い部位は比較的安く、回数も短く脱毛を終えることが可能です。

 

黒ずみお肌は嫌だ!色素沈着ってどうして起こる?原因と対処


色素沈着はメラニン色素が角質層に定着した状態を指し、通常は紫外線などを受けると肌を守るために日焼けして黒化するものですが、一部の色素が残ることでシミとなってしまいます。
主な原因は紫外線以外にも敏感となった肌がホコリや何らかの外部的要因による刺激、あるいは擦った肌の摩擦によって起こります。
本来は人間の正常な防衛機能で、沈着した色素も角質が生まれ変わることで自然と落ちていくのですがターンオーバーが正常でない人ではいつまでも残り続けます。対処できることは紫外線を受けないようにUVカットのクリームなどを塗る、肌を保湿してバリア機能を高める、すでに沈着していた場合はピーリング効果のある化粧品などを使用するといった方法があります。